スクーターグッズ

スクーターにカバーを掛けて、また春までお預けです。

今年の春から乗ったPCX150。今年の北海道は雪が少ないみたいで、一度降った雪も溶けてしまったのですが、さすがにバイクやスクーターの人はいません。
私も今度の春まで、楽しいスクーターPCX150はお預けです。

初めての冬ではありますがこんな感じでしまってみました。

PCX150のバッテリーを冬の間、どうするか

バイク屋さんに相談したら、家に外して持ってきておくのがベストだよ。デモそれ無理だったら、バッテリーのマイナスだけ外しておいたら良いよと。

春になったらまた充電はし直さないといけないンでしょうけど、自分は安いですけど充電器を持ってるんで、春になったらやってみようと思う。

まずはバッテリーのある場所にアクセス。

シートをあげて、フロント側にフタがあって、ここを開けると簡単にアクセスができる。
プラスマイナスもわかりやすくて、いいね。

バッテリーを外すかどうか、ちょっと迷った。

なんだか面倒くさい。

いいや。マイナス端子外しで。

ネジをくるくると回すと簡単に外れてくれる。

でもこの「プラ~~ン」とした状態を維持しておくのは、配線の長さがギリギリなのでなかなか難しい。ちょっとした拍子に、ついたり離れたりと。これでは電気が流れたり、途切れたりとよろしくない。

ヤッパリはずしてしまったほうがいいかも。

でもなんだかヤッパリ面倒。

そんでもって、木片を持ってきて挟んでおいた。
これで良しとしたよ♪

そのままPCX150のシートを下ろしたら、開かなくなった

そりゃそうだわ。

電気が切れてしまってるもの

もうちょっと確認しておきたかったことがあったのに。

そういうときのために、シートロックを解除する物がついていたんだね。
今更知る私。

ここにあった蓋の横を押しながら引っ張ると、この道具を使う場所が出てくる。
このヘンな棒を使い、ロックされたタンクを開ける

最後の確認をしてシートをロックした

PCX150の本体にはカバーを掛けた

屋根のかかっているところに置いているとはいえ、若干の雪かぶりをしてしまう我が家。
このままではかわいそうと、バイクカバーを買った。

初めてバイクカバーなんて買ってみたけど、夏場も使うと良いらしく、盗難防止にも役立つので、持っていても損はないらしい。

私の買ったのはこれです。

150のスクーターなので少し大きいかなとも思いましたが、実際にかぶせてみますとちょうど良い感じでした。

価格も手ごろですし、蛍光テープもついていて目立つし、良いですね。

春が待ち遠しい。だってスクーターは楽しいから

一年中乗れる本州が本当にうらやましい。
スキーなどをしない私にとっては、あまりうれしい季節ではない冬。

ただただ、寒さに耐えて辛抱している感じが否めない。

早く春にならないかなって、今から真剣に思っています。

だから北海道人って、雪が溶けて春が来たらうれしくてうれしくて。

来シーズンはキャンプとかしてみたいね

今からソロキャンプのグッズを品定めしてみようと思っています。

そして無事故で来れたことに感謝して春を待ちたいと思います。

スクーターのアップはしばらくないかも知れませんが、そもそも雑記ブログとして楽しんでいこうと思っていましたので、時々見に来てやって下さいませ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)